カードローンの審査で大事な項目

  • HOME »
  • カードローンの審査で大事な項目

カードローンを使用するためには、審査を受けます。その審査に通過できた人だけが使用できるようになっているのです。そこで、カードローンの審査において大事な項目についてお話していきます。申込み用紙にはさまざまな事を記載する事がありますけど、すべて審査に活用されて総合的に判断される事になってきます。

しかし、その中で大事な項目があって、それが収入、雇用形態、勤務年数、過去の延滞歴や債務整理歴になってきます。この4つが重要な項目になってきます。この4つすべてが審査基準をクリアできていれば問題なく審査に通る可能性が高いです。しかし、いくつかの問題点があると、審査に通る可能性が低くなってきます。

まず、収入ですけど高いほど有利になってきます。ただ、低くても審査に受からないわけではなくて、借入れ額が減る事はあっても審査に受かる可能性はあります。ただ、あまりに低いですと審査に通る事は困難です。雇用形態ですけど、正社員が一番評価が高くなります。

次に勤務年数になってきます。基本的に半年以内の勤務ですと審査に通るのは難しくなります。できれば一年以上勤務してから審査を受けるのがベストです。そして、さらに重要になるのが過去の延滞歴や債務整理歴です。過去に延滞がある人や債務整理をした事がある人は、その情報が削除されてから審査を受けるようにした方が審査に通る可能性が増します。

キャッシング、カードローンの審査の与信

キャッシング、カードローンの申し込みをする時には審査が必ず行われます。これを金融機関側では与信と言います。カードローン、キャッシングには基本的に、保証人無し、担保無しでお金を貸すため、借りる側にどれだけの信頼性があるかを事前チェックしなくてはいけません。これが与信です。申込者の信頼性がどれくらいあるかを確認します。申し込み者の記載した申込書から審査を行うのが「初期与信」になります。そして、カードの利用状況から、返済、借り入れ状況を確認してそのままの与信を継続するかどうかを判断するのが「途上与信」になります。途上与信により、利用限度額が引き上げられたり、引き下げられたりします。与信に際しては、申込書類から得られる情報だけでなく、信用情報機関からの情報を得て、トータルで申込者の金融商品の利用状況を確認します。与信審査を有利に通過するために注意する事

キャッシングやカードローンの契約の際に実施される与信審査では個人情報などをもとにして、融資対象者の融資可否や限度額を決める属性スコアリングという作業が行われます。
この属性スコアリングでは、年収や勤務形態、過去の債務状況など多方面にわたって信用情報がチェックされます。
こうした信用情報の数値化によって点数が高いほど審査に通過しやすく有利になってきますが、信用情報の点数をすぐにアップするというのは非常に難しいことであります。
しかしながら日常生活においてちょっとした注意事項に気を配ることで、いざ融資を受けようという時に、スコアリングの結果をアップさせることが可能になりますのでメリットが大きくなってくると思います。
キャッシングの審査

キャッシングの審査に関し、ここではスコアリングについて、触れてみたいと思います。
一般にスコアリングとは、コンピュ―タ―が顧客の情報を基に行われる自動審査のことです。
簡単に言いますと、職業や収入、住居形態など申告の項目に点数を配分し、その点数の合計から限度額を決めるシステムです。高得点な方ほど高限度額が与えられるようになっています。
・収入が安定していれば、スコアリングで高得点になるのですか?ースコアリングのシステムは、そんな単純なものではないのです。
その人の状況から、回収リスク・・つまり「貸したお金を回収出来なくなる確率」を分析するのです。
「こういう人は回収できなかった」「こういう人は全額回収できた」という過去の事例を積みかさねたデータから、それが分かるようになっています。
たとえば同じ高収入の人でも、一企業に勤める人と、自営業の人では扱いが違います。
一般的には「自営業の方が、回収リスクが大きい(つまり、貸したお金を回収できなくなる確率が高い)と出るようになっています。
そして、回収リスクが小さいほど、スコアリングの点数は高くなるのです。初めてのキャッシングでの勘違い

初めてキャッシングを利用しようと思った人が、陥りやすい勘違いがあります。それは、審査についてです。そもそも金融機関は、お客さんに頼まれたからといって、誰にでも気前よくお金を貸すわけではありません。借金を申し込まれたら、まずは審査をします。

そして「この人にお金を貸しても大丈夫かどうか」をチェックするのです。もちろん、その審査を通過した人にだけしかお金は貸さないのです。ですから、キャッシング会社からお金を借りる時には、きちんと申し込み手続きをすれば自動的にお金が借りられるようになるわけではないのです。

これは、借り入れに慣れている人にとっては、あまりにも当たり前過ぎるほどの常識です。しかし、初めての人で勘違いしてしまう人はいるのです。特に最近の若い人たちに、意外に多いと言われています。

最近の若者はインターネットにもオンラインにも精通しているのですが、金融機関からの借り入れについては、全然精通していないケースも少なくないのです。自分にとって興味のある分野には造詣が深いのですが、普段、興味のない分野については、こちらが思わず驚いてしまうくらいに何も知らないこともあるのです。ともかく、人生、何事も経験です。若者も、経験を積み重ねて覚えてゆくのです。

PAGETOP
Copyright © プロミス審査の心得 All Rights Reserved.