専業主婦(主婦)でも借り入れは出来る?

  • HOME »
  • 専業主婦(主婦)でも借り入れは出来る?

『主婦だってお金が必要』

キャッシングは一人暮らしの人や男性が利用しているイメージがあるかもしれませんが、実際には女性も沢山利用しています。主婦もキャッシングを賢く使って家計をやりくりしているのです。夫の収入だけでは心許ないけれど、そんなこと夫に言ってもどうしようもないですし、親にも相談しづらい内容です。夫に内緒でちょこっと家計の足しにする術として活用するというケースが多く見られます。夫の希望で家事に専念せざるをえなかったり、子どもの世話があったりして仕事に出られない主婦は、きっちり家庭を守っているのに誰からも給料を貰えるわけではありません。それでいて財布を預かる身ですから家計を一番分かっていて危機感も持っているので、何とかしなければと使命感でカードローンなども選択肢に入れて金策を考える女性が増えているのです。

『収入がなくてもローンを組めるのか』

消費者金融でキャッシングをするには、収入証明書を提出するのが一般的です。最初に家賃や他社借入れなども聴取されますので、収入から月々の固定費を差し引いてどれくらい返済に回せるかを判断します。申込者の返済能力を審査するわけですから、無収入の主婦にはまず審査を通過するのは難しいといえます。信用情報機関に照会したりという段階の前に、基本情報を伝えただけで主婦お断りの場合も多いです。

『パートに出ていれば主婦もキャッシングが出来る?』

それではパートに出て、少ないながら収入がある場合はどうでしょうか。消費者金融は申込者自身に安定収入があれば審査通過できる傾向にあります。パート収入も立派な安定収入ですから、もし働きに出ておられれば、正社員でなくとも安心してください。受入れている業者はアルバイト・パートOKという広告や説明を出していることが多いので、審査に通りやすいかどうか調べてからカードを申込むのもオススメです。

『総量規制と主婦』

パートで多少収入がありキャッシングを活用していた主婦も多い中、2010年に施行された総量規制というルールが主婦のキャッシングに大きく影響を与えています。総量規制とは年収の3分の1以上の融資をしないよう消費者金融業者に課されたルールで、サラリーマンやOLであっても既に限度に達していれば追加借入れはできません。こういった内容ですので無収入の主婦からカードローンの道を奪うかのような印象を与えました。急にキャッシングができなくなり予定が狂いますから消費者にとって迷惑のようですが、本来は無茶な借り方をして身を滅ぼすことを防ぐため先手を打つために生まれた法律なので、一概に文句もいえないのです。

『レディースローン』

原則は上記の通り、本人に収入が無くてはいけないのですが、市場のニーズに応える為にレディースローンというサービスも存在します。女性をターゲットにしていますのでウェブサイトや店舗もオシャレに工夫されていて、主婦本人に収入がなくても配偶者に安定した収入があればキャッシングできる便利なものです。配偶者の収入によって判断するだけで、配偶者が連帯保証人になったりはしません。しかしこれには通常のキャッシング審査とは別の提出書類が必要です。信用情報機関に登録するという配偶者の同意書や、その配偶者と婚姻関係にあると証明するための戸籍や住民票、判断基準となる配偶者の収入証明書が代表的なのですが、これらを手配するのが面倒で、レディースローンを利用する女性はそこまで多くありません。さらに、借入れする本人の返済能力を重視するアコムやアイフルなど、大手は配偶者貸付というシステム自体に消極的ですから、信頼できる業者が少ないのが実情です。情報に乏しい女性を狙って親近感のあるうたい文句で誘う闇金もありますので、くれぐれもご注意ください。

『銀行カードローン』

消費者金融でのレディースローンがあまり利用されないという話をしましたが、では主婦はどうやってキャッシングをすればよいのでしょうか。そこで主婦にオススメなのが銀行です。消費者金融があくまで本人の収入を審査するのと比較して、銀行であれば配偶者貸付の間口も広く、世間で主婦の方は銀行カードローンを選択するケースが多いです。銀行だと収入証明書や婚姻証明書の提出が不要なので、消費者金融のように手続が面倒ではなく、本人確認書類だけで審査をしてもらえてスピーディにカードが手に入るのが利点です。この配偶者貸付は限度額が通常のカードローンより控えめの額に設定されていて、銀行としてもリスクを抑えたサービスとなっています。具体的には10万円や30万円が設定額として一般的で、本人の収入が少なくても融資できる妥当な額といえます。

『銀行は総量規制対象外』

また、銀行カードローンに関しては総量規制対象外という点が注目されています。比較的簡単に借入れできてしまう上に利率の高い消費者金融を規制するためのルールである総量規制は、厳しい審査をする銀行を対象としていません。消費者金融に比べると圧倒的に利率が低く返済環境も良好ですから、消費者を守るという観点から外れるのです。こう言ってしまうと、年収を度外視にして沢山借りれると思われがちですがそこは返済計画をしっかり意識しないと破綻しかねませんのでご注意ください。

『おまとめローン』

初めてのカードローンではなく、すでにキャッシングを活用している場合に総量規制が壁となったら、銀行カードローンを試すのも一つですが、特に「おまとめローン」を使うのもまた一つの方法です。おまとめローンだと総量規制の対象外ですし、複数の業者にそれぞれ返済する必要がある生活よりも金銭管理がしやすく、精神的にもあれこれカードを持つより良いとされています。このサービスはアコムやプロミスなど大手がよく扱っていますので比較的安心のシステムです。

『消費者金融と銀行の使い分け』

アルバイトやパートで安定収入が見込めるなら、審査の甘い消費者金融にし、完全な専業主婦で無収入であれば銀行カードローンにするといったように、現在の生活サイクルによって使い分けることで、家族に内緒でかつスピーディに家計のやりくりができます。色々と調べてみてください。

PAGETOP
Copyright © プロミス審査の心得 All Rights Reserved.